「おわけさん」の起源


  伊勢市の旧神領内の地域では、伊勢神宮の保護のもと、
外部勢力の侵略をまぬがれてきました。 そのため、今でも他
の地方では失われた古代の文化が残っています。

  この「おわけさん」という祭りも弥生時代の豊穣の祈りを
偲ばせる内容で、田の神様を送り迎えするお祭りです。

  明治の
中頃までは、高向以外の宮川流域の各地に於い
て行われていたようですが、今では高向地区
以外には見られ
ません。

  これと似た祭りを、中国の雲南省やミャンマーのカチン高
原で見かけた
という情報もあります。

  すなわち、この祭りは、未だ神様に名前が無く、まして神
社という固定した祈りの場所も無い古い時代に、

   そして灌漑も無く、特別な肥料も無く、自然の恵みだけが
農業を支えていた時代、、田近くに藁屋をしつらえ、そこへ神
様をお招きし、その年の豊穣をひたすら願って、祈ったものと
考えられます。

  そうした時代の名残が、今日の「おわけさん」ではな
いでし
ょうか。


 (文責きらり千選、北村武久氏にお話していただいたもの)