鶴路山は南勢町の伊勢路と迫間地区にまたがる山です。登山は押淵側の登山口から内瀬のバス停までで約3時間のコースです。

 付近に高い山がなく見晴らしがいいはずですが、雑木林が厚く周りの景色をなかなか見せてくれません。眺めとしては下図の赤い矢印の場所がおすすめです

ヒメシャラの林

4.頂上から迫間浦、礫浦、宿田曽方面を眺めています。逆光のため良い写真が取れませんでした。.

 鶴路山からの眺め (南勢町伊勢路)

内瀬湾

伊勢路の家並み

6.やっと見えた内瀬湾がひときわ美しく感じました。

A. 女性的な山、ヒメシヤラの林が美しい。昔、鶴が麦の穂をくわえ、その場所に落とし、その落 とした場所に
   麦が成長したことからその名がついた。(南勢町、59、男)

B. 迫間湾、五カ所湾が西側から東を見ているので違った視点で望む事が出来る 。(南勢町、66、男)

眼下に迫間浦

1.尾根の肩の所からの迫間浦を見た風景。

5.美しい木肌を見せてヒメシャラの林が続きます

2.雑木林のトンネルが続きます。このあたりの山の特徴ですね

雑木林のトンネル

インフォメーション  
   南勢町伊勢路迫間地区。南勢町役場発行の南勢町山紀行「見登歩史(けんとほし)」がガイドブックとして好適。
   一部細く滑りやすい山道があるので、小学校低学年の同行は避けたほうが良い
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
牛草山・温坊
戻る
HOME / アクセスマップ

鶴路山

下山して見上げた鶴路山

迫間浦
  から
 宿田曽

3.鶴路山頂上からは木の間越しに伊勢路がすぐ近くに見えます

7.谷間の道脇に立派な石垣がありました。作物栽培のためでしょう。昔の人々のご苦労が偲ばれます

立派な石垣