神島監的哨跡から見た断崖絶壁の風景 (鳥羽市神島町) 

hspace=8
A.大学の国文学散歩で神島を訪れた時の光景がとても素晴らしく、目に焼きついて離れません。
    (伊勢市、23、男)
B. 高射砲の弾丸の落ちる場所を確認するために昭和4年に建設された建物。三島由紀夫の
   小説「潮騒」重要な舞台となった場所である。 (鳥羽市、67、男)
リンク
三島由紀夫「潮騒」  神島八代神社
神島  神島一周ウォーキングコース
                                               
私もオススメ

戻る
HOME / アクセスマップ

応募者のことば

 ロマン漂う廃墟
 この監的哨跡は、三島由紀夫の「潮騒」で重要な
舞台になっています。しかし実際に見ると単なるコン
クリートの廃墟でした。女性同伴でありましたが、
当方の感性の不足かロマンチックの欠けらも感じ
ることは出来ませんでした ハイ。
 しかし、ここからの眺めのすばらしさ !!
ほかになにを求める必要がありましょう。

・監的哨とは:「潮騒」より
伊良湖岬のむこう側の小中山試射場から、射ち出
される試射砲の着弾点を、二階のバルコニイで双眼
鏡を目にあてている兵が確認する。室内の参謀が、
どこへ落ちたか、と質問する。兵が答える。戦争中
まではそういう生活がここでくりかえされていた。

インフォメーション  
   鳥羽市神島町
    神島へは市営定期船を利用、本数が少ないので注意.
. また、波が高いと欠航することもあります
   

 爽快な眺め

 監的哨跡屋上からの眺めはすばらしい。
伊良湖岬から右に、はるかなる太平洋を見渡す。
足元から見下ろす断崖絶壁、その下は青い海に
白い波。
 右手方向に見える「黒島」も形がよい。
見飽きるもとのない眺めだ。

  胸がすくような光景
 観的硝そのものはロマンティックどころか、ややもすると不気味ではありますが、屋上から眺める景色
は絶品です。やや左手に伊良湖。そして、視線を右へ移せば、果てぬ太平洋。 断崖を見下ろせば、
澄んだ紺碧の海に真っ白な波飛沫。 右手方向には「黒島」。 獰猛な獣がうずくまって眠っているよう
にも見えます。 ここがホテルだったりしたら、長期間滞在したいくらい。
オススメする