安楽島の弓立ち神事

1.拝殿脇でまず
参加者全員の
お浄めの
儀式が行われます。

5.「舞台」横の弓場で
今年の弓の引き手の
紹介があり…
晴れの舞台のスタート

2.式次第に従い
神主と五人年寄り
が式典を進行

6.舞姫は地区の
小学生、頭の花飾りが
華やかさを添えています

7.弓立ちに参加できるのは
安楽島町の既婚者で長男,
更に妻が身ごもっている場合は
認められません。一生に1度だけ
の晴れ舞台です。
 毎年5人が参加するのですが
今年は該当者が少なく3人と
なりました。

4.参加者全員の
玉串奉奠があり,
式典は終わります

舞姫の後ろの
髪飾りは大きな
熨斗の形です

的は15メートル先に
あり,布製です。
矢は突き抜けて後ろ
の土手に刺さります

8.引き手は一度に2本の矢を射ますが,放った矢は「矢取り」(写真左)が集め、引き手に渡します。これを2回行い一人が合計6回射て、全員の結果で今年の運勢を占います

3.神主による
祝詞奏上

2003年,安楽島町の弓たち神事の様子を順を追ってレイアウトしてみました

まず満留山神社での祭典から始まります