1.出漁を前に今年の豊漁を祈願し、海女達の安全を願って、宮司による式典。  2.スタート直前、浜に勢ぞろいする海女たち。  3.ほら貝の合図で一斉にスタート。あわび獲得を競います。黒あわびと赤あわびの両方が必要です。  .4.、収穫された黒あわびと赤あわびを捧げて、白髭神社へ
 
7月11日、この日しろんご浜は初めてあわび漁が解禁されます。
       
 この日、漁船が海上をパレードし、祭りを祝います
 また、フナト(男性が操船する船から海女が潜水する)も姿を見せていました。
 最近は子供たちの姿の多いのも目立ちます。海女着を着た可愛い姿もありました。
   

昔ながらの漁法