今浦・本浦・石鏡ウォーキング  (鳥羽市浦村町など)

hspace=8

 今浦バス停で下車し、橋を渡って海沿いに本浦町内を通り、鏡浦中学校の下に出て、石鏡まで旧道を歩く。本浦町内は車の多いのが気になるが石鏡までの旧道は快適。途中海の博物館に寄る事も出来る。(鳥羽市、67、男)

二つの漁港つなぐ県道を行くコースです

 石鏡と本浦の二つの漁港を結ぶ約5kmコースで、パールロード脇の平坦な県道を行くため、歩きやすく、わかりやすい、子供ずれでも楽しめるハイキングコースです。
 シーズンには(9月〜3月)本浦で生産者直売の新鮮なかきが食べられ、また購入することもできます。尚、かき祭りは2005年2月26日です。
 途中からパールロードに入り、海の博物館によるのも良いでしょう。
 今回は推薦の言葉とは逆のコースを試してみましたが、どちらから出発しても差はないようです。

















































石鏡漁港

私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  
  交通の便:鳥羽バスセンターから志摩スペイン村行き(或いは石鏡港行き)に乗り、石鏡漁港で降りるのが便利です。帰りは今浦からバスに乗ります。本数が大変少ないので確認のうえ出かけてください。
 

石鏡・国崎ウォーキングコース 今浦行者山
今浦・苔ヶ瀬川・国崎ウォーキング 浦神社

戻る
HOME / アクセスマップ

麻生の浦大橋

大橋の袂(本浦側)からパールロードに上がります。

本浦漁港、かきの荷卸場

今浦から見た本浦のかきの荷卸場の様子。
かき横町とも呼ばれています

ツワブキはこの時期(11月)
道端のあちらこちらで可憐な姿を見せてくれます

本浦漁港

秋の野の花代表ツワブキ