近ごろ時代劇が流行りませんが,
大岡裁きで名高い大岡越前が若いころ山田奉行を務め,
大活躍したということです。その一例が下の本です。
柴田錬三郎著「徳川太平記」新潮社
 さすが一世を風靡した柴錬先生だけあって,これ非常に面白い本です。
この件を探すためむかし読んだのを取り出したら止められず,飯も食べずに全編再読してしまいました。
         吉宗を主人公に準主役で大岡越前が登場します。
                 そう,30年ほどまえNHK大河ドラマでは米倉マサカネが演じていました。
 けれども,山田奉行所が和歌山にあったとか,
山田と紀州領松阪の境界争いを大岡越前が解決したとか,
      そういう記録は奉行所文書にはないようです。
  われわれには「記録にないから事実でない」と言う力はありませんし,
仮にそうであってもわずか半ページで,
この面白い本にケチをつけるつもりもありません。
              大岡伝説の一例として引用させて頂きました。
                               誤解下さいませんように。