伊勢神宮と周辺の自然   (伊勢市)

hspace=8

応募者のことば
  A.伊勢神宮の参道を含め池、五十鈴川、橋、木立ちは神をおまつりしてあるというだけでなく、人の心を
   清める雰囲気をもっています。内宮から剣峠までは鏡岩だけでなく、木立ちの道筋と剣峠の景色は静
   かな雰囲気で気の静まる思いがします。(御薗村、76、男)
  
B.伊勢神宮が所有しているので手をつけることなく保護されているようです。動物、植物も保護されてい
   るようです。 (鳥羽市、ー、女)
  
C.伊勢神宮においては、多分将来も永続しうるものでありましょうが、同時に神宮を囲む森林などもなる
   べく手つかずのまま残したい。(御薗村、29、女)
               五十鈴川と島路川の合流点
 秋一色の神宮周辺
 内宮周辺は自然林に囲まれ,その中を清流がぬっています。五十鈴川とそれに合流する島路川です。

 この森は宮域林で5,500haもの面積があり,みだりに立ち入ることを許されないため太古からの美しさを保っていると思われます。

 春の若葉,夏の緑もいいですが,ここはやっぱり秋がおすすめ


2002-11-20撮影
           
五十鈴川岸辺のもみじ                          島路川から神宮林を望む       



内宮の入口,宇治橋から見える森は
すべて宮域林だそうです

 ここから五十鈴川の上流へ,
あるいは下流へ散策してみましょう

 
 
JR,近鉄 伊勢市駅から
 近鉄 宇治山田駅から
三交バス内宮行きで20分 2系統 各2本/時間
または浦田町行きで15分 3本/時間
下車しておはらい町を徒歩15分
 近鉄 五十鈴川駅から
三交バス内宮行きで10分 2本/時間
または徒歩40分
伊勢インターから
市営駐車場まで5分
駐車場から徒歩15分

 

 
 
 
 
 
私もオススメ

神宮の聖地としての姿を感じたいなら、早朝&夕刻がお勧め。
特に冬の夕刻は私のお気に入りです。
観光客がほとんどいなくなった内宮の暗い参道に、灯篭の明かりがポツリポツリと浮かび上がると、
それはそれは荘厳な様子です。
昼間でも、細い参道に入り込んでみると、まったく別の雰囲気ですよ。
先日は野生の鹿を見かけました。
オススメする
戻る
HOME / アクセスマップ