五十鈴川  (伊勢市)

伊勢志摩きらり千選

応募者のことば
A いつ見ても清らかで心がなごむ。伊勢神宮を流れる唯一の川。(伊勢市、17、女)
B 清く澄んだ清流は大自然そのものです。神様の川でもあり、私たちのお守りでもあります。
   (御薗村、42、男)
C 内宮より上流の五十鈴川沿いの散策は、四季それぞれ美しい。比較的人工的ではない風景が
 楽しめる。ただ最近休耕田に残土が捨てられたりして、景観が壊され残念に思う。(伊勢市、61、女)
山見れば、高く貴く、川見ればさやけく清し

 五十鈴川は、神路山、鳥路山の奥を源とし、御手洗場の少し
上流で二つが合流して神域を流れ、更に鹿海で朝熊川を入れ、
一方は勢田川河口に、他は二見ヶ浦に注ぐ全長約20キロの
河川である。

 五十鈴の名は、神前へ供える御(みにえ)を「すすぐ」意
から出たといわれ、又、倭姫命が裳裾を濯がれたという伝説
から「御裳濯(みもすそ)川」ともいわれる。


 五十鈴川の「きらり項目」です 
破石(われいし)
楠部〜鏡宮間の五十鈴川
近鉄の鉄橋近く
 五十鈴川堤の桜
烏帽子岩あたり
宇治橋から見た五十鈴川
内宮のみたらし
とび石から眺めた流れ
 鏡岩

 

 
 五十鈴川の朝日と夕日
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

戻る
HOME / アクセスマップ