安乗岬から見た海の眺め  (志摩市阿児町安乗)

hspace=8

〔安乗岬から見た海の眺め〕A.灯台の白と海の青さ、及びリアス式海岸がとてもすばらしい調和を見せている。地元にいながらも時々訪れるがその度に必ず感動する。(阿児町、24、女)
B.振り返ると穏やかな的矢湾に浮かぶ渡鹿野島と珠いかだ。前には太平洋の水平線と鳥羽の先端が見える。これが絶景なのです。心が大きくなります。悩んだりした時ここへ来てこの岸壁に立ってみてください。(磯部町、39、女)
C.海の、荒々しい感じや岬から船が走っているのが見え、何度行っても違う景色が見れるという感じ。春夏秋冬ぜひ4回は行ってみたい所です。灯台も四角の形で、あまり他にないので、写真をとっておくと記念になります。(志摩町、25、女)
D.太平洋と伊勢湾を一望する富士山も見え映画(喜びも悲しみも行く歳月)の舞台 芝生の公園も素晴らしい。(阿児町、58、男)

〔安乗(安乗岬)〕A.太平洋の外洋と的矢湾の静かな内海を望むことが出きる。(阿児町、65、男)
B.ロケーションが最高(内海と外海の対照的な風景)(大阪府、52、男)
















































私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  
阿児町安乗岬,灯台の見学時間は季節によって異なる,9:00〜16:00(11月〜3月〕、8:30〜17:00(7月、8月)9:00〜16:30(其の他の月
 

安乗岬灯台

安乗人形芝居
三番叟

戻る
HOME / アクセスマップ

灯台の上からの眺め

北ー菅崎

 鳥羽の相差の菅崎(右端)の半島がでんと構えています。
 画面右端遠くに国崎の鎧崎、その先に鳥羽の神島が見えます

    2004-10-1撮影

西ー的矢湾

 さすがに的矢湾は大きくこの大きさの写真では様になりませんが、敢て左から湾岸の地名を挙げていくと、
安乗大鼻、渡鹿野島、的矢、的矢宮の鼻、堅子、千賀、畔蛸、相差となります
手前の防波堤灯台のあるところは大倉島です

 (2004-10-1撮影)

南ー安乗崎公園

 灯台上から見た安乗崎公園。
 広場の周囲に(右から)休憩所、資料館、東屋と並んでいます。
 (2004−10−1撮影)

東ー大海原

安乗岬は的矢湾の入口に位置する岬で、1873年に木製灯台が、1948年に現在の灯台が建てられました。今年(2004年)から常時見学ができるようになったので、灯台の上から海を眺めてみました。

 灯台直下、岩を激しく打ち続ける波と、果てしない大海原。
(2004−8−2撮影)