共敬
中小俣
下小俣

道方

立神

志摩市

大紀町

南伊勢町

有滝

佐八

松尾

 白装束で太鼓を抱え、打ち振りながら(時には激しく)踊るタイプで、太鼓の大きさも地区によってさまざまです。
 鳥羽の河内の太鼓は10kgもあり、それでも長時間を踊りぬきます。

上条

玉城町

伊勢志摩のお盆
かんこ踊り

度会町

伊勢市

河内

麻加江

鳥羽市

円座

東豊浜

 かんこ(鞨鼓)踊りはお盆に先祖の供養、或いは新盆の供養のために踊られるもので、「かんこ」と呼ばれる太鼓を持って、10〜15人が輪になって踊ります。
 現在は伊勢市とその周辺部に比較的多く残っています。
 被り物をつけるものとつけないものの2つの形があります

 

 頭に「しゃぐま」と呼ばれる被り物をかぶったり、花笠をつけたりして優雅に踊るタイプです。
 「しゃぐま」は馬の毛を糊で固めたもので、下半身の腰蓑と調和し、美しく幻想的な
世界を作り出します

※マップ上のアイコンをクリック
 すると掲載ページに移ります