古市街道 (参宮道)

伊勢志摩きらり千選
 古くより伊勢神宮参拝は、外宮を参拝してから内宮を参拝するのが習わしでした。
外宮より内宮への道は現在は御木本道路、御幸道路など2車線の整備された道があるが、昔は間の山を越える道だけでした。
この道が古市街道と呼ばれ、かっては大変な賑わいでありました。
図中赤で示す道が古市街道で上から下(北から南)へ内宮に向かう道筋です。
 なお、きらり項目「古市街道と参宮路」がありますが、より詳しく特集として取り上げました。
戻る
HOME / アクセスマップ

世義寺
倭姫の宮
中之町「つづら石」
麻吉旅館
桜木地蔵
神宮徴古館
倭姫命御陵
大五輪塔
神宮司庁頒布部
長峰神社
寂照寺
三条宗近
牛谷坂
古市参宮街道資料館

  小田の橋
勢田川にかけられた橋で、江戸時代
までは、図のように本橋の横に小橋が
かかっていた。小橋は忌服のもの、生理中
の婦人が通行することになっていた。

 常夜燈
かって、牛谷坂には大きな常夜燈が立ち並んで
いたというが、今はこの一基のみがここに移され
保存されている。

周辺地域の地図

月読宮への道標