きらり千選の歩み

伊勢志摩きらり千選


 ● きらり千選の歩み
 
1998年4月
   三重県の企画として生活創造圏活動がスタート。これは地域の活性化のため、県を6つのブロック
   にわけ、各ブロックごとに独立して活動するもので、第一段階として地域を活性化するビジョンの
   策定、第二段階としてそのビジョンによる具体的活動である。活動メンバーは県職員、大学教授
   などの有識者、地域のボランティアの三者により構成。
    当きらり千選が生まれた生活創造圏は三重県の伊勢志摩地区で、(現制度で)伊勢市、鳥羽市、
   志摩市、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町である。
    上述、第二段階でビジョンの中から選ばれたテーマの1つが「伊勢志摩きらり千選」で、伊勢志摩
   地方の魅力をインターネットで県内外に紹介する目的を持っている。これを運営するため新たに
   一般からメンバーが募集され、県職も加わり進める。

2001年
   “きらり”と輝く地域のたからものを一般募集し、4,733件集まる。重複したものを整理し、有識者
   による選定委員会のもと1,056項目にまとめ、公表。  *発足の過程など詳しくはこちら
2002年11月
   「伊勢志摩きらり千選」ホームページを公開。 選定された1056項目を、一つずつ現地取材し
   写真と記事で1項目1ページとして、逐次公開する。  *発足時のトップページ
2003年3月
   ホームページ内容をCD−ROM化し関係先に配布。
2004年−2005年
   2004年3月600項目完成、2005年3月1000項目完成。
2005年4月
   当初の1000余の項目について、ほぼ完成を見たので、今後の方針として現きらり項目の整理と
   多くの方の参加のもと、新しいきらり項目を積極的に追加していくことにする。    
2010年
   県の要請により県の管理を離れ、ボランティアグループとして独立する。HPの管理システムを変更。


 ● 事務局 及び 実行グループの紹介

・伊勢志摩きらり千選実行グループ 窓口(伊勢志摩国立公園協会)
  TEL 0599-25-2358
  Email kirarisensen@yahoo.co.jp
・実行グループ
  現在、民間ボランティア約6名です。
  週1度の会議と各地への取材など積極的に活動しています。
     *実行グループではもっと多くの方がメンバーへの参加されるよう望んでいます。
       老若男女を問いません、いつでもご連絡お待ちしております。

戻る
HOME / アクセスマップ