梅香寺   ( 伊勢市常磐町)

伊勢志摩きらり千選+
 
拡大または別画像へ
                            正門

梅香寺

徳川家康の側室・お梅の方(1586〜1647)後、蓮華殿窓誉梅香禅尼の
願いにより、当地出身の蓮隋(れんずい)上人が元和元年(1615)
蓮隋山上に創建し維新後無住となったので明治45年現在地に
移りました。

浄土宗鎮西派知恩院末寺
本尊 阿弥陀如来

文 伊勢市観光協会H・P参照


                                                   本堂
拡大または別画像へ

成恵歌碑

「年の矢の八十に及ぶこぶしの弓 
曲り形にもゐとをした的 成恵」
木田成恵 他伝不詳 
碑の台座に”成恵建立”とあり句碑建立者で
あることのみ知られています。
建立 天命八戌甲年十月十一日卒







別画像 木田舎丸句碑

「藁一把焚たけぶりや秋のかぜ  舎丸」
本名木田喜平冶 通称成起 伝不詳ですが
神風館第四世の世木曽北門人であったといわれています。

インフォメーション  

鉄道 JR山田上口駅より、徒歩7分
バス JR・近鉄伊勢市駅より伊勢市内線「宮川中学校」行きバス
     6分「筋向橋」バス停下車、徒歩3分

推薦のことば
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
関連ページ
 
75年前学校から登った蓮随山(れんずいさん)
 
   
   
戻る
HOME / アクセスマップ