光明寺   ( 伊勢市岩淵 )

伊勢志摩きらり千選+
推薦のことば
錦水橋の近くのお寺、当地で鐘楼をもつただ一つの寺です。
拡大または別画像へ
   光明寺の「山門」と「本堂(別画像)」
金鼓山光明寺
臨済宗東福寺派、本尊は木造阿弥陀如来坐像。
天平年間(729-48)聖武天皇の勅願によって,前山鼓ヶ岳に創建された。
当時は天台宗であったが、鎌倉時代末に、禅僧月波恵観中興され臨済宗に変わった。
延元3(1938)年には、南朝勢力挽回のため、後醍醐天皇の皇子、義良親王を奉じて北畠親房親子や結城宗広などが、大湊から出帆して東国へ向おうとしたが途中難風にあい、宗広は当寺に入って再挙を計ったが果たせぬまま他界した。
 このように光明寺は南朝と密接な関係をもっていた。

前山にあった光明寺は、いつの頃か、吹上町に移建され、寛文10年(1670)の大火で厄災し現在地に移った。

  * 恵観禅師は結城宗広の子といわれる。





光明寺の一つ鐘
明治維新以前、伊勢山田の寺院中で光明寺だけが、梵鐘所持を許可された。
「光明寺の一つ鐘」といわれた。

   顕彰碑と墓石(向かって右)
結城宗広の墓石
南朝の忠臣、奥州白河城主結城宗広が光明寺で亡くなり、その墓がある。

光明寺の文化財:
・光明寺残扁      重文
・結城宗広並夫人書状  重文
・阿弥陀如来坐像    県文
・北畠親房御教書    県文
・豊臣秀吉朱印状    県文
・世木氏処分状     県文
     など

 - 光明寺は「伊勢の文学と歴史の散歩」(中川ただもと)を参照しました。

私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

伊勢市岩淵三丁目

マップ
 


戻る
HOME / アクセスマップ