養草寺   ( 伊勢市宮後 )

伊勢志摩きらり千選+
推薦のことば
薬師堂は歴史ある建物で遠い昔を感じさせてくれます。
拡大または別画像へ
             山門
医王山養草寺
所在  伊勢市宮後三丁目七−七
別称  瑠璃光院・桜堂
宗派  浄土宗西山禅林寺派
本尊  木造阿弥陀如来坐像 鎌倉時代

天文15年(1546)年に、展徳慶伝上人によって開山されたといわれています。



               本堂
もと箕曲(みのお)卿鍛冶屋垣戸(がいと)の南端、桜堂橋の近傍にありました。寛文十年(1670)の大火で厄災し現在地に移りました。

近世古市の歌舞伎は全国に知られていましたが、古市での芝居に先だって寛永年間は、歌舞伎興行の初演は当寺で行われました。

拡大または別画像へ
薬師堂(桜堂)
桜堂と呼ばれたのは、当時は境内に桜の木が多く、花見の人々で賑わったからだそうです。
薬師堂は、もともと本寺の本尊は薬師如来であったためです。

寺宝として
阿弥陀如来像 高さ65センチ
薬師如来像  高さ90センチ   があります。
 

私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

伊勢市宮後3丁目
交通案内
鉄道JR・近鉄伊勢市駅(北口)より、徒歩5分

マップ
 


戻る
HOME / アクセスマップ