弘法の井戸   ( 度会町田口 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
弘法大師が杖をついて出されたとされる湧き水で、冬期は温かく、夏期は冷たく、現在も地域住民の洗い場として活用されている。(度会町、57、男)
拡大または別画像へ
現在も使われている
井戸というより崖下からの湧き水で,いまも洗い場として土地の人が使っている。
湧き口に祠があり,パイプから水が流れ出て,洗い場に注ぐ。洗い場が二つに分かれ,上では女の人が野菜を洗い,下では別の女の人が洗濯していた。上の洗い場には鯉が1匹居た。


拡大は昔懐かしい風景です。

初夏の昼下がり
午後の昼下がりに訪れました。
水は豊富で、何時でも使われている活気が漂っていました。
右側の屋根の下には湧き水が出ていて、柄杓があり、その水は
美味しかった。

撮影;04.06.28
私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

道路 伊勢-大宮線 田口地区 通称地蔵谷からの水流の途中にあります。

度会町田口(弘法井戸は浜島町など志摩一帯にたくさんあります)

 

関連ページ
宝篋印塔の地蔵さん

戻る
HOME / アクセスマップ