南中村「鸚鵡(おおむ)石」   ( 度会町南中村 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
A.磯部町の鸚鵡石が有名だが、「鸚鵡(おおむ)石」といえば近世はこちらの方が有名。岩に向かって叫ぶと声が
  返ってくる。近世俳書の名称ともなっている。(桜木町、52、男)
B.山霊だと恐れられた程、大きく響く大岩で今も本当にこだまする。(度会町、32、女)
                      鸚鵡石の岩壁 2011-11-25
鸚鵡石
  南中村地区の南側の山中にある大きな一枚岩。高さ30メートル幅60メートル。

  亨保15(1730)年、藤堂藩の儒者、伊藤東涯が詩を作って道案内の村人に与えたが、

  その詩を、後に霊元上皇1687〜1696)が画工宗仙に屏風に画かせ、東涯がそれに序文を書いたという。

  さらに竹田出雲の浄瑠璃に語られたため、鸚鵡石は広く世間に知られるようになった。
(度会町史より) 


晩秋の周囲の景色は……
「鸚鵡石」呼びかけ場
  この石に呼びかけるときは、石の右手約30メートルの所にある小さな岩がありますので、その上に立ち、そこから呼びかけるのが最もよくこだまします。

  江戸末期の斉藤拙堂(津藩有造館の督学)によると

「石はかすかな声で歌いかけると、一言一笑でも必ず答える。ただ大声で怒鳴ってメロディーがないのは答えようとしない。緩やかに抑揚をつけることだ」(度会町史)とあります。

  一度、出かけて試してみては? 
          呼びかけ場  2011-11-25
おおむ石守る会
  舗装道路の脇に登り口があり、ここから10分で岩場に着きます。途中高さ3メートルほどの滝もありました。

  鸚鵡石の前に椅子を置く、出水の前にコップを用意する、登る途中の大石に「腰掛石」と名づけるなど、
「おおむ石を守る会 」の方々のちょっとしたアイデアが迎えてくれて、楽しめます。

私もオススメ

オススメするもっとオススメを見る

インフォメーション  

度会町南中村

マップ
 

関連ページ
南勢新四国八十八ヶ所
川上の乙女岩
川上の清水

戻る
HOME / アクセスマップ