十一面観音(注連指正法寺)   ( 度会町注連指 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ
      2001-9-10撮影

重文十一面観音

 「十一面」とは本面の上に十ないし十一の面をもつところからきています。

 平家の藤原有助という武人は観音世菩薩の信仰篤く、平安末期の都の争乱から十一面観音像を守るため、都から遠く注連指(しめさす)の地にこれを運んで安置し、女滝の傍らに庵を結び、朝夕の祈りを欠かさず恭敬礼拝したということです。

 像の背中には「天永」の年号と日付、(1112年11月27日)「願主藤原有助」の銘が彫られています。

(なお現在観音様は厨子の中に安置されています)

観音堂に安置され

近年建立された観音堂で、国指定重要文化財、十一面観音はこの中に安置されています。
なお、観音像の由諸についての説明板を拡大表示に入れました。

拡大または別画像へ
    2001-9-10撮影
    2001-9-10撮影

注連指正法寺

正法寺は注連指地区の中ほどにあり、観音堂は写真右手の楠の木の陰になっています。

インフォメーション  

度会町注連指。

推薦のことば
約800年前藤原有助作といわれる重要文化財指定の観音像を残したい。(度会町、50、女)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
関連ページ
 
注連指川男滝
注連指川女滝
弘法の井戸
 
   
   
戻る
HOME / アクセスマップ