伊勢路のつつみ飯   ( 南伊勢町伊勢路 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
旧暦で5月5日(節句)につくる農材のハレ料理。キササゲの葉に赤飯に生節とたけのこを味付けしたものを添え、にぎり飯のようにして包みわらでしばる。耕作している田の数だけのつつみ飯を箕(み)に並べ、床の間に飾る習慣がある。(南勢町、69、男)
拡大または別画像へ
ハレの料理
  南勢町伊勢路地区に伝わる、
旧暦端午の節句に作るハレ料理。

  ラントバ(キササゲの葉)の上に赤飯をのせ、その上に甘辛く煮た淡竹(ハチク※)とカツオの具をのせる。  ※タケノコの一種
  それを子供のこぶしの大きさに包み、菖蒲とヨモギを添えてワラで結ぶ。

  包み飯を農作物の実に見たてて、「豊作になるように」との願いがこめられている。
  耕作している田の数だけのつつみ飯を箕(み)に並べ、床の間に飾る。

香り豊かな食感
  ラントバのつつみを開けると、いい香りが広がり、なんともいえぬおいしさ。昔は農作業のあい間に、畦道でそのままかぶりついたそうだ。次世代に残していきたい郷土料理である。

  ラントバは、キササゲの葉のことで6月ごろにいい香りを出す。かっては伊勢路地区には、どこにでも植えられていたが、最近は少なくなってきた。

つつみ飯の材料
・淡竹とカツオ  淡竹と焼いて身をほぐしたカツオを酒、砂糖、醤油で甘辛く煮る。
・赤飯  「ささげ」を入れて赤飯を炊く。
・ラントバ
・ヨモギ
・菖蒲
・ワラ
  ラントバ、菖蒲、ヨモギなどは良い香りを出し、また薬草でもある。(以上はアイティービーの映像をもとに作成しました。)

私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

 

関連ページ

戻る
HOME / アクセスマップ