麻生の浦(おうのうら)大橋   ( 鳥羽市本浦町 )
伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
A .なんてたって鳥羽市の麻生浦大橋の景観はダイナミックで優美で、人工美と自然景観がすごくよく調和して
  いて、.三重県が他に誇れる景観の一つだと思います。(鈴鹿市、40、男)
B 麻生の浦湾に架かる白いアーチ型の橋。昭和48年千葉県で造られ船で運ばれ、潮の干満を利用して架設され、
  途中に橋桁がないのが特徴である。(鳥羽市、67、男)
                         板敷浦から見る麻生の浦大橋2003−2−13撮影
生浦湾を背景に白く輝いて
 麻生の浦大橋は鳥羽の今浦と本浦を結ぶ全長約500mの橋で、そのアーチ型の真っ白な姿が生浦(おうのうら)湾を背景に美しく輝いています。

 この橋は鳥羽市民や地元の強い要望であったパールロード(浦村町から阿児町)開通の一環として建設されたもので、スタイルをニールセンローゼ橋といい、1973年〔s48〕の竣工です。

 推薦の言葉通り, 橋はこの形のままで 1972年7月28日に千葉県市川市から大型の台船で運ばれたました。

 ,全長195m巾8.25m重量850tの橋(アーチ部分)が, 潮の満ち干を利用して架けられ、翌年3月31日に開通式が行われました。
 総工費33億6千万円だそうです。
牡蠣のいかだ、いかだ
橋の上から眺めると、正面に麻倉島と大村島、その周囲にはたくさんの牡蠣のいかだが目に入ります。この地方随一の養殖場です。

 牡蠣の水揚げは写真右手の本浦漁港で、殻取り作業の工場が並びます。
 
 毎年盛大にかきの国まつりが行われるのもこの本浦です。

                                   2003−2−13撮影拡大画像
                                                 2003−2−13撮影

昔は市営の定期船が通っていました

 それまで、この地区は鳥羽市の離島と同様、鳥羽、今浦、本浦、石鏡を結ぶ市営船が唯一の交通手段でしたから、この開通は地元の人々の大きな喜びとなったことでしょう。

 また同時に発展していく伊勢志摩観光のシンボルでもあったわけです。

 なお、生浦を「麻生の浦大橋」としたのは、開通式のときからで、古歌に多く麻の字が使われていることからだそうです。(1973年鳥羽市広報4月16日号より)

  2003年に今浦の行者山に登りましたが このとき上から見た麻生の浦大橋も、すばらしいものでした
私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

鳥羽市浦村町。

 

関連ページ
志摩大橋
今浦・本浦・石鏡ウォーキングコース

戻る
HOME / アクセスマップ