鳥羽春祭   ( 鳥羽市鳥羽3丁目など )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
A.旧鳥羽町の氏神、大山祇(おおやまづみ)神社と賀多神社の祭日で、天狗と獅子の舞や能楽の奉納などがある。また、露店が出るので、子供の頃楽しみでした。(鳥羽市、44、男)
B.城下町であった鳥羽の昔からの町、横町、中之郷、藤之郷が所有する獅子は、獅子にも年代がついています。若い時、壮年、老年というように舞い方、楽器の音色も違うそうです。みこしは錦町だけ。この衣装が白鳥といって、はっぴとは違いきれいです。(鳥羽市、ー、女)
               大山済祇神社境内で 2016-4-10
        
(ポインターを当ててて見る画面は)鳥羽の街中を行く子ども神輿(山車?)
  大山祇神社、錦町は神輿
  今年(2016年)の春祭りは錦町が当番で、祭りの出し物は伝統の神輿と後に続くお囃子連の山車です。

  紅白そろいの衣装の担ぎ手たちは、大山祗神社へそろって参拝の後、神輿を担ぎ、「チョウサヤ」の掛け声とともに、境内を軽快に一周。写真、地味な衣装は棒先案内の面々。
→(参考)祭りタイムスケジュール

  鳥羽の春祭りは400年近く連綿と続くお祭で、現在は大山祇神社の氏子である4町(藤之郷、中之郷、錦町、横町)と賀多神社を奉ずる3町(岩崎町、大里町、本町)がそれぞれ輪番制で祭りを主催し、同じ日に祝います。

  ただ残念ながら、近年横町が担当の年は、町の人口減少のため獅子舞はやむなく中止になっています。

  獅子と天狗の舞について詳しくは
鳥羽春祭りの説明をどうぞ。

藤の郷(2017年)中之郷(2018年)
        のときは
獅子と天狗の舞
  春祭りは輪番制ですから2017年は藤の郷、2018年は中之郷が担当、いづれも獅子舞と天狗の舞がメインです。

  鳥羽春祭りは担当町以外の町もメイン行事以外ではお互いに協力し、祭りを盛り上げているようです。たとえば、
  宵宮では大山祇神社の境内に店を出し、ともに楽しみ、
  本日(ほんび)には行列一行は、賀多神社の氏子町も含め鳥羽町の全体を廻って祝い、受けた側は茶菓子などを振る舞い、もてなすのが恒例になっているようです。
  
  今年(2016)の宵宮も境内で、周囲にテントショップが並び、ちょっとした演芸もあり、皆さん春の宵をゆっくりと楽しんでみえました。   
2016年の大山祇神社宵宮風景

2003〜2010年のスナップショットをどうぞ
             賀多神社で舞う藤の郷の獅子2010-4-7
 (ポインターを当て見る画面は)境内で舞う中之郷天狗2007-4-7
                    能舞台での 「九鬼水軍太鼓」の迫力ある演奏 2016-4-9 
  (ポインターを当て見る画面は)狂言の一つ「蟹山伏」耳を挟まれ往生する山伏と強力
賀多神社は境内で演芸会
  賀多神社の氏子3町の今年(2016年)の当番は岩崎町。しかし3町仲良く参加です。

  宵宮には午後から境内で演芸会があり、本日には午前に式典がおこなわれ、舞姫の奉納舞も。

  今年(2016)の演芸会は昨年の遷座式で再現された160年前の、組み立て式能舞台で行われました。

  出し物のメインは
 鳥羽市能楽保存会の狂言や仕舞
 で、他に
    九鬼水軍太鼓、
    三味線演奏、
    本町唱歌のお披露目、
    演歌歌手の歌謡ショウ
でした。

  能楽保存会は発足11年目。小学生で入会して今年高校入学の女性もあり、これからも続けたいとのこと。是非続けて欲しいですね。
  

私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

鳥羽市鳥羽。開催日は4月の第一土日或は第二土日。
大山祗神社の氏子は横町、藤の郷、中之郷、錦町の4町で、祭りの主催はこの順序で輪番制を採っている
中之郷と藤の郷が当番年のときは「天狗と獅子舞」が行なわれる。
錦町のときは神輿。横町は町が小さいため、当番年の祭りの行事に獅子舞はなく、小規模の祭。
なお、前回は藤の郷2010年、中之郷2011年。この次は夫々4年後。

 


戻る
HOME / アクセスマップ