鳥羽水族館   ( 鳥羽市鳥羽3丁目 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
全国的にも有名で、大人から小人まで勉強になります。(伊勢市、58、女)
夏の夜間営業とゆかたで入場が無料というのがうれしいです。地元なので普段はなかなか行かないけど、
 こういうのはうれしいサービスです。ジュゴン好き。
(鳥羽市、24、女)
                     いつまで見ていても飽きない大水槽 2011-7-11
日本でも有数の
     水族館
  鳥羽水族館は1955年にオープンし、2010年には55周年を迎え、通算5,5555555人という全国最多入館者を誇っています。(水族館広報のお話) 

  現在約1000種25,000点の海や川の生物を公開展示中です。

  館内は、生きものの種類や生きものたちが棲息する環境に合わせ、12のゾーンに分けられており、とても見やすくなっています。


  例えば、「伊勢志摩の海、日本の海」とか、ラッコやイロワケいるかの棲む「極地の海」とか、アシカやアザラシの「海獣の王国」などです。


人気、セイウチ
 今はセイウチのショーが人気です。

  飼育員に促されて、大きな図体をくねらせて挨拶したり、 前ひれを使って、口元で,ポンと音をさせたり、愛嬌を振りまいています。

  目の前で、ずんぐりむっくりした巨体を身近に見るわけですから、親しみがわくし、可愛いくもなります。
                             ハイ!玉を載せてね!2011-7-11
              鳥羽水族館 2006-7-10
その他レストランやショップ
  その他、 館内ではセイウチやアシカのショー、レストランやさまざまなショップなどがあり、小さな子供連れの家族、若い女性のグループで賑わっています

  ロールオーバー画面は海側から見た水族館です
私もオススメ

タツノオトシゴ
タツノオトシゴの仲間で、リーフィー・シードラゴンがいました。とてもゆったりと泳いで、まるで妖精のような容姿をしています。眺めていると、時間の流れを忘れてしまうくらい、とても綺麗です。きっとカモフラージュのためにあのような形になったんだと思いますが、それが偶然にしろ、人間の目にはとても美しく進化したように思います。「進化って美しい★★★」。「家で飼えたらいいのにな★★★」。そんな風に思えるような綺麗な魚です。まだ見てない皆様もぜひ御覧あれ!!(現在はこのリーフィー・シードラゴンに代わってウーディー・シードラゴンが見られるそうです:編集者註))
オススメするもっとオススメを見る

インフォメーション  

鳥羽市鳥羽
営業時間:9時〜17時(3/21〜10/31但し7/20〜8/31は8時30分〜17時30分)、
       9時〜16時30分(11/1〜3/20)
入館料金:大人2,400円、小人1,200円、幼児600円
*2011年7月11日現在のデータですので、来館される際は鳥羽水族館tel0599−25−2555へご確認ください。

 

関連ページ

戻る
HOME / アクセスマップ