答志岩屋山古墳   ( 鳥羽市答志町 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
標高約80辰隆箍飴海猟詐紊砲△襦E腓罵0貉弔辰討い覬瀛。この地方屈指の巨大な横穴式石室を持ち、3辰琉訐个5個天井石として使われている。(市文化財)(鳥羽市、67、男)
                  鳥羽市提供
石組みの原形を残す円墳
岩屋山古墳は鳥羽市の答志島,岩屋山の頂上にあります。鳥羽市教育委員会の説明板によると,
「この古墳は直径22m,高さ2.5mの円墳で石室がほぼ完全な形で残っている。市内に数多くある古墳の中で石組みの原形を残す数少ない古墳の1つである。
北側奥壁部分が破損しているが,これは第2時大戦末期に防備隊が塹壕として使用していたからである。(下へ)

玄室(棺を納める部屋)
内部は南南東に開口し,奥行き8.7mの両袖式石室で,そのうち玄室(棺を収める部屋)は奥行き5.3m,幅2.3m,羨道(えんどう,入り口から玄室に至る部分)は奥行き3.4m巾で1.1mである。副葬品は残っていない。

また岩屋付近は源義経の四天王の一人である伊勢三郎砦跡があったとの伝説が残っている」とのことです。

〔別画像〕玄室内部の天井。

拡大または別画像へ
拡大または別画像へ
                  2008-4-13撮影
答志和具漁港が真下に
岩屋山頂上からの和具漁協の風景です。
見晴らしよく、古代の人々にとっても絶好の場所と映ったことでしょう。

私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

鳥羽市答志町

 


戻る
HOME / アクセスマップ