坂手あやめ池   ( 鳥羽市坂手町 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
坂手島の高地字小池にある「あやめ池」は伏流水による池で広さは約160平方メートルある。5月中旬から6月にかけて紫色のカキツバタが咲く。あやめは坂手の象徴。(市指定天然記念物)(鳥羽市、67、男)
拡大または別画像へ
                     2008-5-18撮影 A.Iさん提供
本当はカキツバタなんです
 坂手島は古くは酒瀧島(さかたきしま、倭姫命世記)といわれ,近世で鳥羽城主のご菜圃(野菜畑)であったといわれています。

 この池 (約160)には,他所では見られない特色あるカキツバタ(アヤメ科)が自生しています。島の人々は昔からアヤメとして親しみ,島の誇りとしてきました。そしてその手入れをし,保護をしてきました。

 池の歴史は古く,遠い昔からあったといわれています。それを物語る伝説も残されています。池の水は伏流水(地下を流れる水流のこと)によるもので,年間を通じて枯れることはありません。
(以上鳥羽市教育委員会の説明板による)

(別画像)2008-5-18鳥羽「おいしいハイキング」で。

あやめが校章に
アヤメは坂手小学校の校歌に歌われ,校章にもなっています。
     2008-5-18撮影「あやめ」 A.Iさん提供
「ちょっと遅かったやろ…
 2002年頃、初めて池を訪れたときのことです。
 池にたどり着くまでにいくつかの小さな畑が並びます。自家用の野菜畑で,島の年寄り達が世話をしています。

 アヤメの咲く時期に間に合わなかった私に、道すがら3人の女性が声をかけてくれました。「ちょっと遅かったやろ,せっかく来てくれたのにすまなんだの」と。まさに異口同音でした。

 あたかも自分の責任でもあるかのような心使いを、とてもうれしく感じました。心優しい土地柄です。

私もオススメ

大好き
二月、若芽の季節、街全体が潮のかおりでいっぱいです。何もないとこれですけど何か懐かしい感じがします。
オススメするもっとオススメを見る

インフォメーション  

鳥羽市坂手町。佐田浜港から定期船で10分、同じく中之郷から7分。

 


戻る
HOME / アクセスマップ