神島八代神社   ( 鳥羽市神島町 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ

海の神様「綿津見命」をお祀りしています。
元旦未明にゲーター祭りがここで行われます。

神島は古代から海上交通の要の地であり、伊勢湾文化の中心 地であったと考えられる。 それは八代神社の宝物で国の重要 文化財となっている64面の銅鏡が、古墳時代から 室町時代 に及ぶ多種多様な唐式鏡、和鏡で構成されており、数々の祭 祀儀礼が継続 されてきたことがうかがえるからです。
   −神島観光パンフレットより

インフォメーション  

鳥羽市神島町

マップ
推薦のことば
海の神様「綿津見命」を祀る。伊良湖水道は、国内外の大型船が良く通る所、その危険な海で操業する漁民の守護神である。神社には、国重要文化財「鉄獅噛紋金銅象嵌鍬形」及び古代鏡がある。(鳥羽市、67、男)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
関連ページ
 
神島の時計台跡
神島の流れ井戸
神島の渡り鳥
 
   
   
戻る
HOME / アクセスマップ