神島の渡り鳥   ( 鳥羽市神島町 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ
浜地克久氏撮影

 鳥羽の離島、神島はサシバ(たかの一種)の渡りを見ることが出来るところとして有名です。灯台付近で旋回する姿を身近に観察できます。
 夏の季節に本州中部以北で繁殖したタカ類は,秋になると伊良子岬に集まり、神島などを通り南下していきます。渡りは毎年九月の終わりから10月はじめ頃で、一日2〜3千羽近くになることもあるということです。ただその年の状況で異なるので島にわたれば必ず見られるというわけではないそうです。

 秋,神島ではアサギマダラの渡りを観察できます。マダラチョウ科に属する4〜6センチ位の可憐なチョウで,渡りをするチョウです。
 なぜ渡りをするのか未だよく解っていません。謎の蝶です。神島で確認された蝶が約950厠イ譴深児島で確認されている記録があるそうです。 (鳥羽商工会議所H12発行パンフレットを参考)

拡大または別画像へ
H13神島灯台近くの林で撮影
インフォメーション  

鳥羽市神島

推薦のことば
11月頃に渡り鳥が神島を中継して飛んでいくそうである。知る人ぞ知るで、バードウォッチをする人達は良く来るそうである。(鳥羽市、ー、女)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
関連ページ
 
神島の時計台跡
神島の流れ井戸
 
   
   
戻る
HOME / アクセスマップ