深谷水道   ( 志摩市 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ
熊野灘から入る漁船(2003−9−14撮影)

難工事の末昭和7年に完成

 この運河は難工事の末、昭和7年に完成したもので全長550メートルあります。

 写真は熊野灘側を見たもので手前が深谷橋、奥は国道260号にかかる深谷大橋です。

 

赤潮発生防止が目的

 英虞湾の一番奥に熊野灘の水を通すことで、湾内の水温を上げ、赤潮の発生を防ぐ水質保全を目的としたものです。

  深谷水道の概略の位置を示しています
  英虞湾側からの漁船(2003−9−14撮影)

小型船舶はとても便利に

 水質保全に効果があっただけでなく、英虞湾と熊野灘を行き来する小型船舶にとって大変便利なものになっています。

インフォメーション  

大王町と志摩町の町境.国道260号線がクロスする。

推薦のことば
英虞湾から太平洋へ抜ける海上アクセスとして漁師や釣り船などが利用している。釣りポイントでもあります。(大王町、45、女)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
戻る
HOME / アクセスマップ