樽入れ   ( 志摩市志摩町 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ
      写真提供:志摩町

結納の儀式

 志摩町で行われている結納の儀式で、「樽入れ」と呼ばれています。

 日本各地でも「樽入れ」という名称で、形は違うが行われています。(詳細はリンクをご覧下さい。)

酒と鯛をもって

 つの樽に酒を九合九勺入れ、青竹に紅白の布を巻き「かけの魚(いお)」を掛け、(主に鯛)雄、雌二尾を縄で結んで樽にかけ、新婦の家へ持って行きます。
 
 新婦の家で一勺を入れて一升にして「一緒になる」という意味があります。

拡大または別画像へ
          写真提供:志摩町
インフォメーション  

志摩郡志摩町

推薦のことば
志摩町の結納の儀式。つの樽に酒を九合九勺入れて「かけの魚」を掛け、(主に鯛)雄、雌二尾を縄で結んで樽にかけ、新郎側の伯母が2人で仲人と共に新婦の家へ持って行く。(志摩町、50、女)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
関連ページ
   
   
   
戻る
HOME / アクセスマップ