黒森灯台   ( 志摩市志摩町御座  )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ
2004-4-9撮影            

正式には御座埼灯台

 灯台は岬山(通称黒森)の頂上からすこし海岸がわに下ったところにあります。正式名は御座埼灯台。初点灯が1971年(s46)の無人の施設です。

 推薦の言葉通り灯台の周囲は潅木が繁り、海が見えません。灯台の少し手前に赤い鳥居の御座明神がありました。(別画像)

黒森

御座白浜の左手にある山が岬山,通称黒森です。浜の砂の白さにたいして、心なしか黒っぽく見えます。灯台はこの山の向こう側の斜面にあります。

別画像は灯台への道すがら、山中で出会った珍しい花です。

拡大または別画像へ
御座の白浜から黒森を望む(2007-4-17撮影)
拡大または別画像へ
写真(航空)提供:志摩町

航空写真でみる灯台

航空写真でみると灯台は緑の中の小さな白い点になっています。

インフォメーション  

志摩郡志摩町御座。灯台への道は整備された山道で岬山にある人家の一番高い家の左脇に登り口があり、そこからおよそ400mです。

マップ
推薦のことば
御座白浜から歩くこと15分。標高99mの岬山の山中に黒森灯台が立っている。うっそうとした馬目樫などの潅木の中にポツンと立っている灯台で、海が全く見えない珍しい灯台でもある。太平洋の沖合から見ると黒く見えるところから岬山は黒森の別名があり、その西の斜面に灯台の頭だけ覗かせている。(志摩町、42、男)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
戻る
HOME / アクセスマップ