大平つつじ山開き(祭り)   ( 大紀町崎 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
大平つつじ山が開花期を迎える4月下旬、山開きが広場で行われますが、5,6年ほど前から地元の若者による時代劇の地芝居が行われるようになり、是非引き継がれてほしい行事となっています。(紀勢町、44、男)
           独特な姿を持つ大平つつじ山 2013-4-27 拡大
   
山つつじその数1万本
  大平山は南面全部が自生の山つつじで覆われた珍しい山です。その数1万本とか。

  やまつつじは普通のつつじに比べ派手さはありませんが,これだけそろうと豪華です。

  新たに数年前に植えられた霧島つつじが育ち、数は少ないもの、その真紅の花が他を圧倒している感があります。

  その様子を
2013年の山つつじでご覧ください。

  写真右手が祭りの会場で、舞台があり、露天商や地域のテントショップが並びます。

 

お店も並び
  山裾の通りには露店が並び、お馴染みのから揚げやたこ焼き、ベビーカステラ などなど。お祭の雰囲気を盛り上げています。
  
  おなじ並びのテントではつる細工のバスケット作りや
金槌トントンの椅子作りなどで賑わっていました。


  蛇足ながら、この祭りでは 少し前まで、地元の有志による地芝居が行なわれ、人気を博していました。皆さん芸達者で、「遠山の金さん」などの解かりやすい話を取り上げてくれました。見られないのは残念ですが、いろいろ事情があるのでしょう。
  2002年と2006年の地芝居のスナップを入れています。



                露店も出て…2013-4-27
          (ポインタを当て見る画面)カゴや椅子作りのテント
              地元大紀町の踊チーム出演 2013-4-27
   (ポインタを当て見る画面)舞台の反対側、婦人会などのテントショップが並びます
自然に抱かれた会場
  祭り会場は森の中のスロープを生かした広場で、舞台があり、地元婦人会によるうどんや飲み物のテントも並び、東屋の脇では野点も行われています。

  2013年祭りのプログラム

  満開の山つつじ、みずみずしい初夏の緑、そして晴れた空。
   こうした美しい自然環境だけでも幸せな気持ちになります。
私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

42号線紀勢町崎で錦方面に曲がり約1キロ。左手に大平山。

 


戻る
HOME / アクセスマップ