明野高校のいちごジャム   ( 伊勢市小俣町明野 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
新鮮ないちごを明野高校の生徒のみなさんがていねいにジャムとして作っている。おいしいし、毎年楽しみにしている。(小俣町、29、女)
                                      製造実習室で2004-5-27
甘い香りが充満
煮詰めて出来立てのイチゴジャムです。ここ明野高校製造実習室はジャムの甘い香りであふれています。

「明高」のジャムは近隣の人気商品で、校内の生産物販売所で一年に1回販売されますが、数が少ないこともあり、あっという間に売れてしまいます。

製造は食品科学科の実習
 イチゴジャムは食品化学科の実習として行われているもので、生産量は年約7トン、450g壜にして約1500個、それを4月半ばから5月半ばほどの期間で仕上げるのだそうです。

 三重県立明野高校は幅広く農業の後継者を育てる目的で創立された学校で、学生数約600、およそ120年の歴史があります。農業関係だけでなくデザインや調理を教える生活教養科や福祉科もあり、現代の生活に即した人材の養成を目指しています。


               製造実習室で2004-5-27
                       2004−5−27
イチゴジャム3兄弟
 大600g500円、中450g350円、小300g250円です。砂糖以外添加物ゼロのためか、酸味が比較的少なく甘さ十分の、素朴でシンプルな味です。多分この辺に人気の秘密があるのでしょう。

 実習製品ですから、学生、父兄、職員に予約販売され、それ以外が一般売りとして売られているようです。

私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

伊勢市小俣町明野。近鉄明野駅から7〜8分。
ジャムの一般売りは一年に一度だけ校内の生産物販売所で行っています。
2004年は6/14で、14:00から。人気商品ですぐ売れてしまうそうです。
お問い合わせ:明野高校内生産物販売所 TEL0596-37-6389。一般生産物の販売時間は9:00〜14:00。

マップ
 


戻る
HOME / アクセスマップ