旧役場前のロータリーの蘇鉄   ( 志摩市磯部町迫間 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ
     2004-8-26撮影

役場新設の際、寄贈される

  このソテツは1957年に磯部町現役場新設の際に、アメリカ在住の山下儀八氏より寄贈されました。樹齢300年(当時)の立派なもの。檜山地区にあったものを移植したようです。

  なお、現在この場所は、役場関係が志摩市磯部支所へ移転したため、志摩市社会磯部福祉センターとなっています。

大きな雌花

ソテツは、ソテツ科の植物で自生のものは九州南部以南とされていますが、庭木としては伊勢志摩地方にも多く、お寺の境内などでもよく見かけます。

 雌雄異株で、花期は7〜8月。晩秋に2〜4cmぐらいの赤い実をつけます。写真は雌花ですが、花びらも厚く、幹の先にキャベツを載せたようで、「可憐な花」というより大柄で「豪華な花」というイメージ。
 花の下の周囲に実がたくさん付いていますが、これは昨年のものなのでしょうか?

     2004−8−26撮影

山下氏は恵利原の人

 山下氏は1888年(M21)に山下三九郎の三男として恵利原に生まれ、21歳(M44)の時渡米、ロサンゼルスにおいてホテル経営で成功しました。

 在米日本人会会長なども勤め、三重県の県民功労者にも選ばれています。

インフォメーション  

志摩市磯部町役場中庭。

推薦のことば
立派なものだし海外と少しつながっているから(磯部町、33、男)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
関連ページ
 
伊雑宮御田植祭
天の岩戸
志摩スペイン村
渡鹿野(わたかの)天王祭
 
   
   
戻る
HOME / アクセスマップ