磯部町パエリャコンクール   ( 志摩市磯部町坂崎 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
県内外からプロ、アマ同条件でパエリャをつくるイベントです。同じ材料を使うのに全くちがうパエリャができる、見ているだけでも楽しいコンクールです。(磯部町、29、男)
審査を待つパエリアたち(2003−12−7撮影)         
磯部町の食材がいっぱいです
 食材に磯部町の特産品「的矢かき」をはじめとした食材並びに調理器具を主催者側で準備し、参加者はチームで参加しその材料の範囲で10人分の“パエリャ”を調理します。

 今年(2003年)は31チーム,子供をおんぶしたぺアー,和装でまとめた若者グループ、サンタクロースチームなど衣装も人数もさまざまです。

 調理されたパエリャは審査の後、参加者同士で試食会を行います。


食材は盛りだくさんです。
 調理される食材は、米・的矢かき・有頭海老・骨付きチキン・ひおうぎ貝・トマト煮・玉ねぎ・にんにく・パセリ・レモン・パプリカ・オリーブオイル・サフラン・塩・固形スープ・ミネラルウォーターです。このうち,牡蠣以外は使わなくてもよいというルールです。

 パエリアはスペイン流炊き込み御飯。超手短に紹介しますと、独特の平鍋(この鍋の名前がパエリア)で具(トマト,たまねぎなど)をいため、その汁で米を炊き,塩コショウし、魚介類などを上に載せ,煮立たせて出来上がり。米を炊く時点でサフランを入れるところがポイントとか。

拡大または別画像へ
味はばっちりです(2003−12−7撮影)
えっ!入賞?ありがたい!(2003−12−7撮影)
副賞は牡蠣にワインにお人形
数々の賞があり、副賞は牡蠣やワインやキャラクターの人形等色々です。入賞した人はさすがうれしそう。

 このコンクールは1998年から始められたもので,当時磯部町が姉妹都市提携をしていたスペインのスエカ(SUECA)市に学んだものです。スエカ市は耕地の60%が稲作という米作地帯,9月には米をキリストに捧げるお祭があるとか。

私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

磯部町坂崎
平成15年度は11/30(日)が雨天順延となり12/7(日)に。
場所:志摩スペイン村マヨール広場
参加料:(2003年)一般1500円,高校以下1000円(いずれもスペイン村入場料込み)
詳しくは:磯部町観光課TEL0599-55-3607に

 

関連ページ
志摩スペイン村

戻る
HOME / アクセスマップ