伊勢まつり   ( 伊勢市 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
小学生達のパレードがとても印象的です。(小俣町、29、女)
              今年も宮後町の迫力満点のねぶた 風神  2013−10−12
               (ポインタを当て見る画像)夜、輝き周囲を圧倒する 雷神
秋の市民祭
  伊勢まつりは秋のトップを飾る[市民祭]です。

  今年(2013)は10月12、13日、市内の大通り(県道:伊勢−松阪線、旧23号)をおまつり広場にして解放,両側には数多くののテントショップや露店が並び、二日にわたって趣向を凝らしたパレードの連続です。
 
  12日は朝10時からパレードが続き、夜は宵宮で、大きなねぶたの山車が会場を練り、最後は御薗の手筒花火と、行事は夜9時過ぎまで続きます。

  最近、高柳商店街を中心に「食の祭典」と銘打って
露店が続き、今風の一工夫のあるファストフードが並び賑わっています。
7日もパレード&パレード
  朝10時から夕方まで、20以上のパレードが続きました。
  吹奏楽、各種の踊、太鼓の演奏、そしていつもの様にミス伊勢志摩パレード、斎王群行、交通安全パレードと盛り沢山です。

 以下に各年度の伊勢まつりの様子を載せています。 
2002 2005〜2007年
2008年
2009年(スライド)
2010年

2012年
  ミス伊勢志摩パレード、本部前でご挨拶 2013-10-13
 (ポインタを当て見る画像)花みずきパレード2013-10-12
             笑顔が素晴らしい 大世古神輿 2013-10-13
               (ポインタを当て見る画像)斎王群行
市民が出演して
    互いに楽しむお祭
   今年も、新道の交差点をメイン広場に、尼辻交差点に、伊勢市駅前に、舞台をしつらえ、音響設備を備えて、市民の歌や踊りで、楽しませてくれました。

   出演の皆さんは、アマチュアからプロフェショナルまで、いづれも、なかなかの芸達者で、見応えがあります。古市歌舞伎保存会の「白浪五人男」の演技もありました。

  伊勢まつりは、あくまで伊勢市民が自分たちで演じて、皆で楽しむ。それがいいのだと思います。

  これからも、各町で工夫した色々な出し物が出てきて賑わしてくれることでしょう。


 

私もオススメ

おどり好きならぜひ来ましょう。
伊勢に来るだけで日本全国の有名なおどりに出会えます。特におおまつりの
よいところは地元だとなかなか見るだけでおどるのが難しいおどりも踊り子
さんに教えてもらう事もできたりもするのでこれはお薦めです。ちなみに宣伝になるかもしれませんが郡上おどりは見るおどりではなく誰でも参加できるおどりです。7月の第2週より9月の第1週までの32夜おどりつづけます。おおまつりでは全曲おぼえるのは難しいかもしれませんが(郡上おどりといっても曲数は全部で10曲あります。)郡上八幡にも是非来てもらって覚えてほしいと思います。ちなみに自分は伊勢音頭をマスターしようと頑張ってます。
オススメするもっとオススメを見る

インフォメーション  

伊勢市駅まえから西へ宮町交差点までの車道がお祭会場。
出し物は
2010年のプログラムの一部を掲載しています

 

関連ページ
初穂曳き お木曳車

戻る
HOME / アクセスマップ