宮川河口大州のカニ   ( 伊勢市 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ

干潟が現れます

 宮川河口部、伊勢湾の入り口に位置する大洲。
 
 満潮時には、草の生えているわずかな陸地にしか見えないが、大潮の干潮時となると広大な干潟が現れる。

 干潮時には、河川側と海岸側では塩分濃度にかなりの差があるため、多彩な生物が共生できる環境にある。

生息するカニ

スナガニ科−チゴガニ、コメツキガニ、ヤマトオサガニ、スナガニ、ミナミスナガニ、ハクセンシオマネキ
イワガニ科−アシハラガニ、イソガニ、ケフサイソガニ、ヒライソガニ、カクベンケイガニ、ハマガニ、ヒメアシハラガニ、ユビアカベンケイガニ、アカテガニ
ガザミ科 −ガザミ
コブシガニ科−マメコブシガニ        (4科17種)

拡大または別画像へ
         カニの巣穴

天然の浄化槽を守るには・・・

 これだけの種が限られた中州に生息する地は大変貴重である。人が容易に入ってこられない中州にあるために、近くの陸地よりも保存状況がよいのかも知れない。 
 伊勢湾への入口で、河川の水質汚濁を底生生物(カニ、貝、ゴカイなど)が分解し水をきれいにしている。この「天然の浄化槽」とも言える干潟を守っていきたい。

インフォメーション  

推薦のことば
息子が調査したら何と4科17種のカニが生息していました。岸から見ると小さいけれど、そこは近辺の河口とは比較にならないほどの種が遊ぶ「カニのパラダイス」です。(小俣町、42、女)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
戻る
HOME / アクセスマップ