高柳の夜店   ( 伊勢市曽根1丁目 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
6月から始まり、昔から1、6、3、8(いちろくさんぱち)の日にあります。(伊勢市、25、女)
        市内小学生の大形のデザインパネルが彩を添えて 2012−7−6
              (ポインターを当て別画面へ)毎年恒例の似顔絵コーナー
とても明るい雰囲気
  高柳商店街の夜店は伊勢の名物の一つです。夜店といってもアーケード中、とても明るい雰囲気。

  6月の始めから7月の始めまで、毎週土曜と1,6,3,8の付く日に開催。

  高柳商店街は伊勢市の古くからある商店街1つで、この夜店は今年(2012)で96回目、なんと大正時代から続いているわけです。
 
  最近、商店街は客足が遠のいていることもあって、露天だけでなく、積極的にいろいろなアイデアでわれわれを楽しませてくれます。

  訪れた7月6日は、通りは小学生の大形デザインパネルや七夕の笹飾りで飾られ、『二見の日』とかで、アシカのショーがありました。

  その他小学生の写生コンクールの発表(2012)やお楽しみコーナーなど、いろいろです。

小さい子に人気のゲームコーナー
  このゲームコーナーが魅力的です。商店街店主の自作の大形ゲーム機がならび、小さい子供たちに遊んでもらおうというもの。

  1ゲーム200円ながら、100〜500点の引換券がもらえる仕組み。  各ゲームの係りは市のシルバーセンターのメンバーだそうです。

ちなみに、この夜店の1,6,3,8の由来は
「1,3,6,8よりは語呂がよいし、曜日でなく日数で決めているのは、土日だけでなく普段の日も来てもらえること。
 1,3と間に1日あいているのは疲れ休め、3,6と2日あいているのは仕入れのため、すべて昔の人の知恵です」
と振興組合の理事長さんのお話でした。

     人気のゲームコーナー 2012−7−6(ポインターを当て別画面へ)
  二見シーパラダイスのアシカ君 2012−7−6(ポインターを当て別画面へ)集まった観客の様子
催し物も盛りだくさん
  周辺の市町村や大学、高校などに依頼して 「○○の日」というのをたくさん用意しています。→今年(2017)のイベントのリストと →今年の夜店のチラシ

 「二見の日」では、二見町のシーパラダイスのアシカショーを実演、愛嬌を振りまいていました。二見の女性陣のかえる踊りというのもありましたね。

  しかし市町村や学校に参加してもらって「○○の日」を設けるのは、お互いに宣伝になり、なかなかいいアイデアですね。
  商店街のチラシを拝見すると、実に出来ることは全部やってがんばっているという感じがします。
 

私もオススメ

浦の橋
 浦の橋から歩いて夜店に行くのが楽しみでした。錦水橋(筋向橋?)にたいやき屋さんがあって、僕らの青春!でした。昔の亀谷病院の時代です。宮川自動車学校がありました。
オススメするもっとオススメを見る

インフォメーション  

 今年(平成28年)は、6月1日 から 7月3日まで。
1、3、6、8 のつく日と 土曜日に開催。

 


戻る
HOME / アクセスマップ