勢田川   ( 伊勢市 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
いつかはきれいになるかもしれないから。(伊勢市、16、男)
                          ダイサギとアオサギ 2017-2-19 拡大
            (ポインターを当て見る写真は)同じくダイサギとアオサギ
                  いずれも掲示板に寄せられた写真です)
冬には多くの鷺の姿が…
  伊勢市には宮川、五十鈴川、勢田川、外城田川と4つの大きな河川があり、勢田川は古くから物資を運び込む舟運の川として利用されてきました。

  他の川に比べ人口の密集する市街地を通るため、生活排水で汚れやすい問題がありましたが、下水が徐々に整い、地域の人々の努力もあり、だんだんときれいになりつつあります。

  冬には沢山の鷺の姿が目に付きます。ただこの6、7年、本当に少なくなってしまったのですが
またやって来てくれましたそれも前には見られなかった鳥達の姿が。

●2007,2008年ごろの鷺の姿を。

(1)
(2)
●2017年の鳥たちの姿を。
(掲示板に寄せられたもの)
七夕大掃除
   毎年七夕が近づくと”勢田川を天の川のようにきれいにしょう”と、自治会の呼びかけで大掃除があります。通学路として利用している高校生も応援に駆けつけてくれ、みるみる きれいになりました。今年(2010)で16年目になるそうです。

   もとは 宇治山田市とよばれた伊勢市,その宇治地区と山田地区のほぼ境を流れる勢田川。汚い汚いと目の敵にされてるけど,こうやってみるとけっこういいと思いませんか?私は好きですよ。

   ときにはとんでもなく大きいミゾゴイが悠々と泳いでいたり,ボラの子が跳ねていたり。いのちって強いですね。

                                2010-7−4
                      2007-4-13
春には花壇の花、
冬は鷺
  地元の人々の努力で勢田川の岸に様々な花壇が生まれています。昭和49年の七夕豪雨以来 、コンクリートの護岸が進み、古い川も都会風な姿に変わりつつあります。

花壇のスナップ1(2007-4-13)
柵越しに見えるのは錦水橋。見事な花壇のの花々、地元の方々の丹精です。
花壇スナップ2(2007-4-26)
 河崎船着場近く。

  春、錦水橋付近の花壇では
さくらんぼうの木の花が満開、 実は5月頃になります。

 
  毎年、勢田川の岸に蝋燭を点す「百万人キャンドルライト
」が行なわれています。勢田川に関係するNPOや団体が団結して、やり遂げた一大イベントです。

(関連ページ欄にリンク)
私もオススメ

勢田川の思い出
昭和30年頃ですが私は神久町から河崎の小学校に徒歩通学していました。その頃の通学途中の勢田川風景は物資の運搬船が数多く停泊しており、船から陶磁器、魚介類、食料加工品の荷降ろしを早朝から忙しくしていた。また勢田川に沿った街中は魚市場であり、セリのかけ声も聞きました。その頃の元気な勢田川を思い出します。
オススメするもっとオススメを見る

インフォメーション  

伊勢市

マップ
 

関連ページ
河崎の町並み 百万人のキャンドルライト

戻る
HOME / アクセスマップ