城田神社の獅子舞  (伊勢市上地町)

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
A 享保年間から伝わる城田神社の獅子舞。氏子が伝統を守り嵐でも舞い続けてきたもの。地区が7組に分けられ順番に舞う。長男が舞うのが本当だが近年そうもいかず、次男、三男でも出て続けているが、人手不足に困っている。境内でたかれる味噌大根も好評である。是非残してゆきたい。(伊勢市、60、女)
B.城田地域の産業としてだいこんの生産が多くみられたが,神事の際,大きな釜で味曾でだいこんを煮て皆にふるまって喜ばれている。(伊勢市、48、男)
                       城田神社例祭、祭典2005−2−11
            (ポインタを当て見る画面)雅楽も奏せられ
城田神社
  創建は1677年(延宝5)ですが、1909年(明治42)に近隣の14社を合祀して現在の姿になりました。氏子の地域は旧城田村である上地町、川端町、中須町です

  2月11日例祭当日、祭典は10時からで宮司3人、楽人4名、地区役員、氏子総代などが参列し、厳かに行われました。、

  午後1時からは御頭神事で、初めに区長と獅子舞関係者が参列し、本殿前で祭礼が行われ、2時ごろから境内にしつらえた薪の山に火がつけられ、その大かがり火の前で獅子舞が奉納されました。
  
境内で獅子舞の奉納
   獅子舞は旧八幡神社氏子とされる、上地地区の七組で毎年交代で行われています。

  獅子舞には七種類の形があり、笛と太鼓がならされる中、若者が交代で順次演じていきます。

  獅子頭は江戸時代1744年(延享1)の作で、箱書きによると、1758年(宝暦8)に上地の所有となっています。

  獅子頭部は欅材で重さは約15キロ、全面漆塗りの美しいものです。この重量を抱えて中腰で舞うわけですから大変な重労働であることは確かです。

上地の獅子舞については
松阪女子短期大学論叢第25号(1987)に研究成果として大変詳しくのっています。

        わらを厚く敷き詰めた境内で獅子が勢いよく舞います  2005−2−11
             (ポインタを当て見る画面)境内で出を待つ獅子頭
 
             大鍋の大根の味噌に005-02-11  
  (ポインタを当ててみる画面)うまいなあ!  
名物だいこ炊き
  祭礼当日参拝者に大根の味噌煮が振舞われます。

  朝6時ごろから、大鍋に湯を沸かし、だしと味噌をいれ、最後に輪切りの大根をざざ-っと入れ煮込みます。大きなしゃもじでかきまぜながら色づくまで煮込めば出来上がり


  とても素朴な味で、味噌がしみておいしく、冬にぴったりのもてなしです。

  竹串で刺して食べるのが昔からの流儀ですが、柔らかく、地面に落としやすいので、スチロールの皿と箸も用意されていました。家に持ち帰るのもOKです。
私もオススメ


あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする

インフォメーション  

伊勢市上地町。伊勢市より県道37号を掛橋で左折、13号に入り約1km、左に見える森が城田神社

 

関連ページ

戻る
HOME / アクセスマップ