伊勢市倉田山「神宮文庫黒門」   ( 伊勢市神田久志本町 )

伊勢志摩きらり千選
推薦のことば
風格ある元御師の門〔福島みさき太夫)。このあたりは、昔の大学生に「六道が辻」といわれたと聞いている。古市へ向かえば色道、神宮文庫の黒門は学道、松尾観音への道をとれば地獄道(むかし神宮皇學館の学生で、授業をさぼっては松尾観音へブラブラとしにゆき単位を落したという)。(伊勢市、52、男)
拡大または別画像へ
黒門ー御師屋敷遺構
  江戸時代から、お伊勢参りの先達と旅行業者を兼ねたような役割の御師と呼ばれる人たちが活躍していました。

  それぞれ屋敷を構え、お伊勢参りの人々を宿泊させました。

  御師「福島みさき太夫」屋敷から移築された通称黒門。しゃちほこが乗っかるりっぱなもの。数少ない御師遺構の1つです。

  安永9年(1780)に建築されています。伊勢市指定文化財です。

神宮文庫
  黒門を入り坂を上ったところに神宮文庫があります。

  収蔵されている本は 神宮関係の古文書を中心に、神祇(じんぎ)・哲学・宗教・教育・文学・語学・歴史・伝記・法制及儀式・地誌及紀行・数学・理学・医学・工学・美術・産業に関する和古書をはじめ、国宝、重文等の貴重資料を数多く収蔵しています。〔神宮HPから引用〕

「六道が辻」
  御幸通り(旧23号線)大鳥居近くの6叉路。
  ー命燭妨かって直進鳥居をくぐれば:内宮方面,
 ◆\橘未虜笋鮠紊譴亳纏圈覆發舛蹐鵝△い淇町などありません),
  左手:黒門から神宮文庫,
 ぁ々門前の坂道:皇學館高校から松尾観音,
 ァ ̄手:倭姫宮参道と徴古館への道,
 Α仝緤:伊勢市中心街と外宮方面

私もオススメ

高校時代の通学道
この六道が辻は、僕の通学道でした。古市町に下宿していたので、毎日、自転車でこの坂道を通っていました。昭和三十年代当時は、御幸道路以外はまだ未舗装で、雨上がりには、あちこちに水たまりが出来、それを避けながら通ったものです。そして、この交差点には、信号機もなく、写真を見ていると、時代のながれを感じます。
オススメするもっとオススメを見る

インフォメーション  

伊勢市倉田山。この周辺の徴古館、農業館、倭姫宮、皇學館大學、皇學館高校への道等がきらり千選に収録されています。
〔神宮文庫)開庫日: 月曜日〜土曜日 /図書閲覧日: 木・金・土曜日 /利用時間 :午前9時〜午後4時 /休庫日 :日曜日・国民の祝日及び休日、年末年始(12月29日〜1月7日)

マップ
 

関連ページ
神宮徴古館(ちょうこかん)と農業館、美術館 皇學館大學
倭姫(やまとひめ)の宮 伊勢市皇學館高校等のある石灯篭の並んだ木立

戻る
HOME / アクセスマップ