英虞海神太鼓   ( 志摩市阿児町 )

伊勢志摩きらり千選
 
拡大または別画像へ
         2003.10.18撮影

創作和太鼓

 英虞海神太鼓は、平成3年9月に町づくりのため、町内有志により新しい郷土芸能として、阿児アリーナの竣工とともに誕生した創作和太鼓です。

 実際に初めて近くで太鼓の演奏を聞いたのですが、とても荒々しく、ものすごい迫力でした。

 演奏の様子は下記の動画をご覧下さい。

動画

ええじゃんかまつりにて

 平成15年の第9回ええじゃんかまつりにて、英虞海神太鼓の演奏が行われました。

         2003.10.18撮影
拡大または別画像へ
         2003.10.18撮影

 直径1.4メートル 胴長1.8メートルの桶胴太鼓1基の他直径1.2メートルの大太鼓2基、計3基の大太鼓と中太鼓(長胴太鼓)4基、締太鼓6基に銅鑼と竹で編成。

 オリジナル曲『英虞海神太鼓』の演奏は大太鼓の上(後)3名、下(前)3名、中太鼓4名、締太鼓6名銅鑼と竹 1名の合計17名の編成 男性は大太鼓と中太鼓、女性は締太鼓を主に担当するが今では中太鼓を担当する女性会員もいます。
(英虞海神太鼓HPより)


インフォメーション  

志摩市阿児町

推薦のことば
A.実に勇壮、エネルギーが伝わって聞いている人も力が湧いてくるみたい。感動鳥肌がたつほど。(阿児町、52、女)
B.県内は無論、県外各団体と文化交流しています。(阿児町、65、男)
私もオススメ

あなたのオススメ意見をおまちしています。
意見を書き込む方は、「オススメする」からどうぞ。
オススメする
戻る
HOME / アクセスマップ